看護師に求められる能力とは

看護師は病気や怪我で心身の弱っている人の、身の回りの世話や病気や怪我の処置、医師との連携などを行なう仕事です。
准看護師にしても、正看護師にしても、それなりの勉強をして看護に必要な知識を身に付け、実習などで必要な技術を習得し、試験を受けて合格しなくては看護師として仕事をすることができない専門性の高い職種です。些細なミスで患者の健康を損ねることもあるため、非常に高い質が求められます。
看護師の相手は物や機械ではありません。怪我や病気をして心身ともに弱くなっている人間です。
時には看護師の資格を取るために勉強した知識や技術だけでは解決できないこともでてきます。
そんなときのために、看護師には次のような能力が必要となります。

・ヒューマンケアを実践する能力
言葉にするとなんだか難しい感じがしますが、平たく言うと、患者さんも人間なのだから患者さんの人権を尊重する能力です。
人権を尊重すると聞くと何でも言うことを聞くと勘違いする人もいますが、そうではありません。
患者さんを尊厳しながらも、患者さんのために心を鬼にすることも必要なときもあります。
常に患者さんにとって何が大切かを見極める能力が必要です。

・根拠に基づき看護を計画的に実践する能力
看護師は常に患者さんを看護する立場にあります。
その看護は看護の理論や根拠に基づいた、適切な看護を提供することが大切です。
また、患者さんにはその症状のレベルに応じた適切な処置が行なわれる事も大切です。
計画を立てて看護を実践する能力が求められます。

・専門職者として常に研究し続ける能力
医療技術は常に進化しています。看護師になったからこれでよしではなく、看護師になったときがスタート地点となります。
このことを頭に入れて、常に新しい知識を仕入れようとする能力はとても大切です。特に看護師は経験がものをいうお仕事なので、
資格を取得してキャリアアップを目指す、コミュニケーション能力を磨くなど自らで学ぼうとする姿勢が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です