将来性がある資格

近年は、医療秘書や医療事務などの資格取得を目指す方がとても多いようです。
しかしこれらの資格はいずれも民間資格で、仮に資格を得たとしても、医療秘書や医療事務などで、正規社員として採用されるケースは少ないようです。
特に近年の病院は、健康保険制度による専門の点数計算などを全てコンピューターが自動的に処理するところが殆どです。
そのため、医療事務などの仕事は実際にパート扱いなどで募集されているケースが多く、看護師のように再就職や転職に恵まれている状況にあるとは言えません。
まだ学生のうちに進路を迷われている方なら、間違いなく看護師を目指す方が圧倒的に有利です。
また一旦社会にでて転職を考える場合は、医療秘書や医療事務などを目指すよりも、歯科助手として転職する方がお勧めです。
個人クリニックで募集される歯科助手は、病院のように看護師の資格がなくても求人が募集されています。それを考えると、まず歯科助手として病院に勤務しながら、医療事務などの資格をとることの方が現実的だと思います。
しかしこれらの求人において、採用されるのは20代の若い方が圧倒的に有利で、30を過ぎてからでは、例え医療秘書や医療事務などの資格を有しても、就職が厳しいのが現実です。
結婚し職場への復帰を心配しなくて安心して子供が出産できるのは、やはり看護師の資格をおいてほかにありません。
看護師の資格を持っていれば、病院・企業・施設など活躍の場が広がるだけでなく、認定看護師といったさらなるキャリアアップも目指せます。(http://www.career-migaki.com
自分の努力次第でいろんな可能性を引き出すことが可能な仕事、それが看護師です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>